2024年UberEats稼働記録

2024年のUberEatsで稼働した記録。車両は自転車。稼働場所は都心もしくは地元の東京郊外。

稼働時間帯と稼働場所による実績の差異を明確にすることで、今後の効率的な稼働計画に役立てたい。

日ごとの総括

稼働場所は東京都心と東京郊外。都心稼働は、千代田区・港区・中央区・新宿区・渋谷区・豊島区・文京区内のみで一日を通して稼働したということ。売上は日跨ぎクエストの報酬額を除いている。

運転時間とは、リクエストを受けてから配達完了するまでの時間のこと。オンライン時間中の運転時間以外の時間は、配達をせずにリクエスト待ちをしていることになる。

稼働エリアごとの一日の売上結果
稼働日数売上オンライン時給運転時間時給運転時間率走行距離
都心3日7,669円/日1,156円/時1,465円/時79%58km/日
地元19日5,312円/日972円/時1,587円/時61%40km/日
全体22日5,633円/日1,002円/時1,563円/時64%43km/日

都心ではアイドルタイムにも稼働するが、地元では稼働しないので、運転時間時給の差はなかった。運転時間時給を分単価に直すと25円/分程。リクエスト時に提示される最低分単価は20円だが、15分以内に終わるような短い案件でない限り、かなり条件が悪いと言わざるを得ない。注文を選べる状況ならリクエストを拒否をしたほうが賢明。

地元稼働での運転時間率の悪さが気になる。運転時間率は平均70%以上をキープしたい。注文がある時間帯だけ賢く選択して稼働する他ない。それができるのが地元稼働の利点。

曜日ごとの総括

曜日ごとの売上(日跨ぎクエストを除く)をまとめると以下の表になった。需要が高くなる雨天は区別されていない、また、稼働開始時刻は統一されていない。

まだサンプル数が少ないが、金曜日の結果が悪い。平日の中では月曜日が一番良い傾向は今年も変わらなさそうだ

曜日ごとの一日の売上結果
稼働日数売上オンライン時給運転時間時給運転時間率走行距離
月曜日2日7,533円/日1,288円/時1,620円/時79%43km/日
火曜日2日5,772円/日1,121円/時1,327円/時84%62km/日
水曜日2日4,025円/日875円/時1,464円/時60%27km/日
木曜日1日1,974円/日1,097円/時1,795円/時61%15km/日
金曜日4日3,784円/日682円/時1,305円/時52%35km/日
土曜日5日4,565円/日1,010円/時1,619円/時62%34km/日
日曜日4日7,517円/日879円/時1,519円/時58%62km/日
祝日3日7,786円/日1,460円/時2,014円/時73%45km/日
全体23日5,566円/日1,000円/時1,567円/時64%42km/日

週ごとの時間帯別売上

全稼働日の全時間帯別のクエスト抜き売上額を図示した。同じ1時間でも需要と供給のバランスで売上は4倍程度変わる。稼げる時間帯は、傾向として、

  • 平日の11/12時台、18/19時台
  • 土日祝日
  • 雨天

になるので、これらの時間帯を逃さずオンラインする。週を通して時給を2,000円近く上げるには、時間帯別売上を橙(2千円)または黄色(1.5千円)の割合を多くする必要がある。配達単価が高い案件を取捨選択ことが重要で、状況的にいくらの分単価の案件なら売上的に有利なのか?自分なりの基準を持つ。

再現性を持たせるため、2,000円売り上げたピックエリアを表の注釈に示す。ピークタイムが始まる前に、高需要エリアに居ること。需要の高いエリアについて熟知することが大切(低需要エリアに詳しくなっても仕方ない)。

1月

ue-20240101
ue-20240108
ue-20240115
ue-20240122

2月

ue-20240129
ue-20240205
ue-20240212

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月