両替レートを比較、スマホアプリCurrencyが便利

日本円から外貨現金に両替する際、現在の為替レートがわかるスマホアプリCurrencyが便利だ。両替屋店頭でのレートの良し悪しが一目瞭然。

中国人民元への両替は、新宿西口の金券ショップが大変良いレートだった。

スマホアプリCurrency

両替前にスマホでリアルタイムの為替レートを確認したい。スマホアプリCurrency(App StoreまたはGoogle Play)は大変重宝する。

為替レートは150以上の通貨の中から選択してリストに並べることができる。説明の都合上、リストの一番上の通貨を「元の通貨」、それ以外を「各通貨」と呼ぶ。

このアプリには2つの表示モードがある。

  1. 「元の通貨」の金額を入力して、「各通貨」の金額に換算して出力
  2. 「各通貨」の金額を入力して、「元の通貨」の金額に換算して出力
スマホアプリCurrencyの画面
スマホアプリCurrencyの画面

外貨の単位通貨の価値を円換算

日本国内で外貨を手に入れるとき、店舗のレート(WE SELL)が良いか確認したい。そういうときは、

  • 「各通貨」の金額を入力して、「元の通貨」の金額に換算して出力

の表示モードにして、現在の為替レートを表示すると便利だ。

画面右上の歯車をタップ、通貨を逆にするオンにして「元の通貨」の日本円に1を指定する。外貨の単位通貨の価値を円に換算してくれる。

新宿駅西口の金券ショップ

新宿駅西口付近には金券ショップが数店舗ある。Currencyを使うと店舗の両替レートの良さが明らかだ。

今回はビックチケット西新宿店で両替した。外貨両替は2階。

ビックチケット西新宿店
ビックチケット西新宿店

米ドルの在庫は基本的に100ドル札だが、希望すれば10枚程度まで小額紙幣を金種指定できた。50ドル札と100ドル札は使える場所が限られるので、基本的に20ドル札以下にする。

中国元は通常100元札しか在庫がないが、現地ですぐに細かくできるので心配は要らない。

金券ショップの両替手数料

米ドルの両替手数料は金券ショップとクレジットカードがほぼ同じで、銀行や海外キャッシングより優れていた。クレジットカードのポイント還元(安くても0.5%)を考えると、クレジットカードに分がある。

関連記事米ドルへの両替手数料、クレジットカードがベスト

中国元の両替手数料は、銀行に比べて金券ショップのレートの良さが際立っていた。中国での少額決済にクレジットカードは使えないので、金券ショップは非常に便利だ。

関連記事中国元への両替手数料、金券ショップがベスト